外貨(ドル・ユーロ)と円の両替 手数料・レート情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

サイト移転のお知らせ

「外貨(ドル・ユーロ)と円の両替 手数料・レート情報」

は以下に移転いたします。

以後の更新はこちらでいたしますので、よろしくお願いします。

外貨(ドル・ユーロ)と円の両替 手数料・レート

また韓国ウォンの両替についてはこちら。

ウォン両替 手数料・レート情報

スポンサーサイト

2013年08月29日 ドルと円の両替 トラックバック:- コメント:-

関連タグ : 両替, ドル, ユーロ, 手数料, FX,

FXを利用 お勧めの方法は?

お勧めのドルと円の両替手段は人それぞれだと思います。

このサイトで紹介している銀行に口座を開いていなければ開設の手間が掛かりますし、近くに金券ショップがない場合は金券ショップが使えない。

今日必要なのか、1ヵ月後後までに用意すればいいのか、少しでも安く両替したいのか、手間がかからない方を優先するのか。

これは自信が判断する必要があります。

ちなみに私のとっているドルと円の両替方法は、

ひまわり証券で両替→みずほ銀行で引き出し

です。

元々ひまわり証券とみずほ銀行の円普通預金の口座を持っていましたので、みずほ銀行で外貨預金口座を開き、ひまわり証券で両替したドルを送金し、引き出しています。



時間がない場合や、少額の場合は手間を掛けたくないので金券ショップを利用しています。

みずほ銀行ATMでの振替は1ドル当たり60銭で可能ですが、引き出す際の外貨両替手数料1000円を加えると少額の両替の場合はあまり有利ではありません。

2009年01月05日 ドルと円の両替 トラックバック:- コメント:-

関連タグ : 両替, ドル, 手数料,

ユーロと円の外貨両替 2.みずほ銀行で両替

自身の口座からユーロを引き出すときの外貨現金取扱手数料が、

1回につき一律で1000円

で済むため、みずほ銀行の口座があれば、金券ショップや現金での両替よりも安い手数料でユーロへの両替が可能です。

みずほ銀行の円普通預金口座から、外貨預金口座に振り替える場合、

1ユーロあたり1円50銭

の為替手数料が掛かります。1ユーロ=150円で1万ユーロ両替のとき、

(150+1.5)×10000+1000=151万6000円

です。

他の都市銀行では、ユーロを引き出すときの外貨現金取扱手数料が、1ユーロあたり○円という課金方法のため、非常に高額になってしまいます。



2008年12月27日 ユーロと円の両替 トラックバック:- コメント:-

関連タグ : ユーロ, 両替, みずほ銀行,

シティバンクでドルに両替するときの手数料

シティバンクで円をドルに両替するとき、為替手数料が1円かかるため、

取引当日の換算レート+1円

で両替できます。

しかし、日本国内で米ドル建て口座からの引出しをすると、1ドルにつき2円の現金取扱手数料がかかってしまいます。

また、シティバンクの米ドル普通預金口座は、月間平均総預り残高等が外貨で20万円相当以上、または外貨+円で50万円相当以上を維持しないと、毎月口座維持手数料(月額2,100円)がかかってしまいます。

そのため、1ドル100円のときに1万ドルを両替し、日本国内で引き出したい場合、

(100+1+2)×10000=103万円

この他、口座維持手数料(月額2,100円)がかかる場合があります。


これらの手数料を無料にするためには、シティゴールドカードを保有する必要があります。

シティゴールドカードを持っていて、決済口座としてシティバンクの口座を指定した場合、口座維持手数料は無料。

米ドル預金からの引出しも1日あたり$5,000まで無料となります。

よって同様に1ドル100円のときに1万ドルを両替し、日本国内で引き出したい場合、

(100+1)×10000=101万円

と為替手数料のみで両替ができます。

ちなみに、シティバンクの米ドル普通預金口座からアメリカで米ドルを引き出す際、手数料が1回あたり1~3ドルです。

ただし、シティゴールドカードの年会費は12,600円。この会員費と

入会後3ヶ月以内に1万円以上のカード利用で、初年度年会費無料
頻繁にシティバンクの口座から外貨を引き出す予定がある
トラベラーズチェックの手数料が無料
旅行障害保険の補償額が、国内外ともに最高1億円
国内24空港・31ヶ所に無料で利用できる空港ラウンジがある
発行されるカードに自分の顔写真を入れることができ、不正利用防止効果
年会費へのポイント充当が可能
カード発行までの期間が最短1営業日

という利点を天秤にかけて、お得だと判断できればシティゴールドカードを利用してください。




ゴールドカードを作るまでも無い、そして日本国内で引き出したいという場合は、それほどお得な両替方法ではないと思います。



2008年12月24日 ドルと円の両替 トラックバック:- コメント:-

関連タグ : シティバンク, 両替, ゴールドカード,

ひまわり証券の両替 ドル両替手数料無料

ひまわり証券」の「マージンFX口座」では、2008年12月1日(月)~2009年1月30日(金)の間、米ドル両替手数料が無料です。



通常は1ドル当たり、20銭かかります。

手続きの流れとしては、

1.ひまわり証券に円資金を入金

2.両替(コンバージョン)により、円をドルに両替。1ドルから可能。

3.両替したドルを自分の銀行口座へ出金

手続き後最短で3日以内、土日を挟むと5日~7日くらいかかります。

外貨送金手数料はひまわり証券が負担してくれるので無料です。

4.口座からドルを引き出す。

みずほ銀行で外貨現金を引き出す場合、外貨現金取扱手数料として1回あたり1000円掛かります。

そのため実質、手数料は外貨を引き出すときの1000円だけとなります。

この外貨現金取扱手数料も節約したい場合は、シティバンクとシティゴールドカードを使う必要があります。

これらを使うと、手数料はかからなくなります。

詳しくはシティバンクでドルに両替するときの手数料に記載しています。


キャンペーン期間が終わったとしても、ドル両替手数料は1ドル当たり20銭と非常に安いので、あらかじめ口座を開設しておいてもいいですね。

口座維持手数料などもかかりませんから。





2008年12月20日 ドルと円の両替 トラックバック:- コメント:-

関連タグ : ひまわり証券, ドル, 両替,

| 外貨(ドル・ユーロ)と円の両替 手数料・レート情報TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。